SNSで他人の幸せが見える現代で、楽しく生きるために必要なたった1つのこと

  • Instagramを開けば、高級レストランや高級外車の画像
  • twitterには「仮想通貨で億り人になりました!」というツイート
  • Facebookには「大手商社マンと結婚できました!」という投稿

スキマ時間にスマホを開けば、他人の幸せな生活でSNSのタイムラインが埋め尽くされるような時代になりました。

他人の幸せが可視化されるようになった現代では、自分の生活と他人の生活を比較し、勝手に劣等感を感じ落ち込む人が増えてきています。そういった、SNSやインターネットが可視化した他人の生活の犠牲者にならずに、幸せに自分の人生を生きていくために必要なことは、たった1つ。

「画一的な幸せの基準を捨て、トライ・アンド・エラーを経て、自分だけの幸せを見つけ、更新し続けること」

本日は、この現代社会で幸せに生きていくために必要なたった1つの考え方を紹介します。

画一的な幸せの基準を捨てる

じぶんの幸せぐらい、じぶんで決める。

じぶんの幸せぐらい、じぶんで決める。

  • 高級時計
  • 高級ブランド品
  • 高級タワーマンション
  • 高級外車
  • 海外旅行
  • 一流レストランでの食事

など、一般的に成功者と言われる人たちがSNSに投稿しがちなものですね。

こういった物を見て、条件反射的に、「自分にはこんなもの買えない。この人達が羨ましくて憎い。自分がかわいそう」と思ってしまったら、これからとても辛い人生が待っているでしょう。

これらの高級品は、他人に羨ましいと思ってもらうためのツールとして使われがちです。そして、そういったものにしっかり反応して、高級品を持つ幸せな他人と持てない不幸な自分という2極的な考え方で自分を不幸にしていきます。

しかし、本当にこれらのものを持つことは幸せなのでしょうか?

わたしの場合は、

  • ルイ・ヴィトンのバッグや小物(デザインが好きで10年以上愛用)
  • 高級マンション(自宅作業が多いため、自宅の環境を大事にしたい)

は自分の幸せ度を上げてくれます。しかし、

  • プラダやアルマーニなどのブランド品
  • 高級外車(ペーパーだから運転したくない)
  • 海外旅行(仕事できないのが嫌)
  • 一流レストランでの食事(家で出前が一番好き)

は幸せ度を上げてくれません。むしろ、外車や海外旅行は幸せ度を下げます。

このように自分にとって幸せなものと、他人に幸せだと思わせるためのものの区切りをしっかりとつけておく。そうすると、条件反射的に他人に嫉妬をして不幸な想いをすることはなくなりますし、じぶんの資産を幸福度をあげてくれるものに集中してつぎ込むことが出来ます。

トライアンドエラーを繰り返して、自分だけの幸せをみつける

やってみないと楽しいかどうかわからないじゃないか!

やってみないと楽しいかどうかわからないじゃないか!

  • 人生がつまらない
  • 楽しいことがない
  • やりたいことがない
  • 人生の目的が見つからない
  • 自分の人生は不幸ばかりだ

と嘆く人の多くは、トライアンドエラーを繰り返さないどころか、トライすらしていません。

小さな頃は、

  • よくわからないけど、公園で他の子にサッカーにいれてもらったら、めっちゃくちゃ楽しかった
  • 親に初めて、ディズニーランドに連れて行ってもらったら、ディズニーの虜になってしまった
  • ピアノを弾いている人を見たら、自分もやってみたくなり、弾いてみたらハマってしまった

など、とりあえず、トライして、自分の好きなことを見つけていました。

しかし、大人になるにつれ、「もう歳だから」とか「今更、なにか始めて、周りに知られるのが恥ずかしい」とか「こんな服着たら、笑われるんじゃないか?」とか、何らかの言い訳を作って、新しいことにトライすることを躊躇するようになってしまいます。

憧れる俳優が着ている服があれば、同じブランドの服を着てみればいい。それが高級ブランドかどうかなんて関係ない。そして、その服を着て生活をしてみて、自分の幸福度が上がるのならば、それは自分にとって幸せなこと。

海外旅行に行っている友達を羨ましく思うのならば、じぶんも一度行ってみればいい。そして、「海外旅行に行っている自分を他人がどう思うだろうか?」という基準ではなく、「海外旅行という行為自体をちゃんと楽しめているか?」という基準で、海外旅行に対する自分の価値を決めればいい。

  • 車が欲しかったらまずは借りてみる
  • 旅行に行きたいなら短期でいいから行ってみる
  • ブランド品が欲しかったら、まずは手頃な小物から買ってみる

そうやって、軽めにトライしてみて、その行為で幸せ度があがれば、その行為を深掘りしていく。そうやって、自分だけの幸せと、幸せでないものの線引きを引いていくことが重要です。

常にポジションを取り、幸せを更新し続ける

じぶんの成長に合わせて、幸せも更新し続ける

じぶんの成長に合わせて、幸せも更新し続ける

人は成長します。

特に20代は、大学・就職・転職・独立・結婚などなどイベントが起こりがちです。

大学時代は時間がたくさんあったから、「時間をかけて、旅行に行くことが好きだった」が、一般就職して自由な時間がなくなってくると「無理やり休日を作り追われるように旅行にいき、疲労感の残る旅行になってしまう」ことは全然ありえます。

そうなってくると、旅行は幸せ度が高かった選択だったのに、環境の変化が原因で幸せ度が低い行為になってしまいます。それは決して悪いことではなく、旅行が心から楽しくなくなったのなら、時間を使わない新しい幸せな行為を探せばいい。

また、旅行自体は大好きなのに、時間に追われて旅行することが幸福度を下げているのなら、

  • 旅行自体を仕事にする(トラベルライターやトラベルフォトグラファー)
  • 正社員ではなくフリーランスで時間のコントロールをする
  • まとまった休みを定期的にくれる会社に転職する

など、様々な選択があります。

常に幸せ度が高くなることに自分の生活や仕事を合わせるべきです。

旅行を仕事にするように、仕事に関しても成長に合わせて幸せな働き方をみつける努力をやめてはいけません。

  • 色々な会社を見てみたいから、フリーランスで5つぐらい会社を掛け持ちする
  • 起業に挑戦してみる!
  • 自分にあう職業をみつけるために、複数の職種を同時に経験する
  • 子供ができたから、子供と一緒に過ごせる時間が増やせるような仕事にする

そうやって、自分が今最も幸せに働ける方法を模索し続けてください。わたしも

  • フリーランス
  • ノマドワーカー
  • Webエンジニア
  • Webデザイナー
  • 音楽事務所
  • 経営者
  • パラレルキャリア
  • Youtuber
  • OPENREC公式配信者
  • ブロガー
  • Webライター
  • アプリエンジニア
  • マーケッター
  • サラリーマン

などなど、様々な業種や働き方に挑戦してきました。

その時々で、自分が幸せに働けるものだけ残し、幸せ度がひくい働き方は削って生きてきました。

  • 一つの仕事に集中しないなんて何事だ!
  • 副業禁止規定があるから、新しいことに挑戦するなんてやってはいけないことだ!
  • 今は○○をやっても、うまくいく可能性が低い

など、批評だけして、手を動かさない人間にならないようにしましょう。

日本再興戦略」や「これからの世界をつくる仲間たちへ」の著者で、日本を代表する研究者であり最強のパラレルワーカーの落合陽一氏も

常にポジションを取り、トライせずに文句だけ言う大人にならないように警鐘を鳴らしています。

 

わたしは、これからも、常に新しいことにトライし、刺激あふれる毎日に興奮し、自分を本当に幸せにしてくれるものを買い、自分を本当に楽しませてくれる行為だけしていきます。

みなさんも、世間が作り出した幸せの基準に振り回されずに、自分だけの幸せをしっかりと見つけて、幸福度の高い人生を歩んでください。