1日16時間働くパラレルキャリアなエンジニアの生活効率化ライフハック術を紹介!

  • 07:00 〜 09:00 フロントエンドエンジニア
  • 09:00 〜 11:00 アプリエンジニア
  • 11:00 〜 20:00 アドテクエンジニア
  • 20:30 〜 22:00 マークアップエンジニア
  • 22:00 〜 24:00 webライター・webマーケッター

ある1日の私のスケジュールです。

わたしは様々な事業を立ち上げたり、事業を拡大しようとしている起業家のお手伝いをすることが大好きです。そして、すこしでも多くの時間をそういった大好きな仕事に使いたいと思っています。

こういった働き方をする場合、仕事以外の生活の効率化がキモになってきます。なにせ、起きている時間のほぼすべてを仕事に使いたいので、仕事以外の時間を削減していかないといけないから。

本日は、1日16時間近く私が実践しているライフハック術を紹介します。

移動はすべてタクシー

電車に乗ると幸福度が下がるという研究結果が出ている

これだけ複数の仕事を1日に詰め込んでいると、移動がかなり発生します。

美容系スタートアップの事務所でお仕事をお手伝いした後、教育系スタートアップの事務所でお仕事。そして、自宅に帰っても自分の事務所の仕事をする。

そういった仕事と仕事の合間の移動はすべてタクシーで移動しています。タクシーを使うと

  • 時間を節約できる
  • 車内で仕事が出来る
  • 体力を温存できる
  • 電車のストレスから解放される

など様々なメリットがあります。

特に最も無駄な移動時間が、車内で仕事をすることで仕事時間に変えられるという点は大きなポイントです。

※多い月だと、タクシー代は10万円を超えます。

家事は全自動

うまくやらなくてもいい仕事はロボットにやってもらおう

うまくやらなくてもいい仕事はロボットにやってもらおう

掃除・洗濯・料理などすべての家事は全自動にしています。

ロボット掃除機に部屋を掃除してもらい、全自動洗濯乾燥機に洗濯から乾燥までしてもらい、生ゴミはディスポーザーで処理する。

そして、現在は同棲しているパートナーがいるので、パートナーの子が料理も後片付けも日用雑貨の買い出しも全部やってくれます。(パートナーがいない方でも家事代行サービスがあります。)

このような体制で生活を組み立てているため、起きているすべての時間を仕事にフル投入できています!

もちろん、パートナーは家政婦ではないので、お互い了承のもと、生活のすべてをサポートするから家賃等は払わなくていいと約束しています。パートナー自身もどこかに働きに行くよりは、家で料理をしたり私のサポートをするほうが楽しいらしく、お互いWin-Winの関係が築けています。

この世で最も大切な時間。みなさん毎日、家事に無駄遣いしていませんか?

ひげを永久脱毛

毎朝、人生の大切な時間をヒゲに使うつもり?

毎朝、人生の大切な時間をヒゲに使うつもり?

ひげを永久脱毛しました。

大体10回ぐらい脱毛に通えば、生えてこなくなります。

ひげが生えてこなくなると、

  • 毎朝ひげを剃る時間を節約できる
  • ひげ剃りを買い換えるお金や時間を節約できる
  • 夜になるとヒゲが微妙に生えてきてみっともないことがなくなる
  • ヒゲを剃り忘れて、恥をかかなくなる

など、多くのメリットがあります。

永久脱毛するためには医療脱毛が必要なので、施術に痛みが伴いますが、たったの10回痛みを我慢してしまえば、一生快適に過ごせるならお得だと思いませんか?

都心(六本木)に住む

通勤で電車に乗るなんて、もうかっこ悪いよ

通勤で電車に乗るなんて、もうカッコ悪いよ

今、わたしは六本木に住んでいます。

六本木という家賃が桁違いに高い地域(1LDKで25万)を選んだ理由は、IT企業が密集している地域だから。

移動時間は最も無駄な時間です。

それを1分でも少なく出来るように「麻布・渋谷・六本木」などのIT企業が密集している地域に、タクシーで10分以内で行ける距離に住んでいます。

また、通勤に時間をかければかける程、人生の幸福度が下がるという研究結果もあり、多くの仕事をするわたしは移動なんかのためにストレスをためたくないのです。

趣味も仕事にしてしまう

好きなことへの情熱は、それを仕事にする

好きなことへの情熱は、それを仕事にする

1日16時間働くといっても、やはりストレスもたまるし、疲れも出ます笑

そういったときに、わたしの場合は、ゲームと読書でストレスを発散するのですが、そのストレス発散方法も仕事にしてしまいました。

  • ゲーム動画をYoutubeにアップして月間再生数109万回を超える
  • OPENRECというゲーム実況専門の会社の公式配信者になる
  • 読んだ本をtwitterで紹介する
  • 読んだ本で得たヒントや知識をブログでシェアする

など、読書とゲームを仕事にしています。

※実際、月に20万以上、ゲームと読書だけで稼げていた頃もあり、それだけで生きていくことも可能でした。

じぶんの本当に好きなものへの情熱は、周りの人を引きつけます。そして、それをしっかりとシェアすることで、趣味も仕事にできるのです。

これこそが、長時間働きながらも、倒れずにやっていけている秘訣なのかもしれませんね。

食事の回数を減らす

1日3食なんて誰が決めた

1日3食なんて誰が決めた

普通は朝・昼・晩、毎日同じような時間にごはんを食べると思いますが、わたしの場合は、「お腹が空いたら食べる」というスタンスです。

そもそも、1日に3回も食事をしていたら、カロリーを取りすぎです。しっかりと栄養バランスを考えれば、1日2食、もっと言えば1日1食でも健康に生きていけます。(タモリさんは1日1食で長年健康に仕事をしていることで有名ですよね?)

「ごはんは決まった時間に決まった回数食べるもの」という世の中の画一的な基準に合わせるのではなく、「必要なときに、必要な量より少し少なめ」を意識して食事をすると、仕事パフォーマンスが向上しますし、時間の節約にもなります。

常に少しお腹を空かしている状態のほうが高いパフォーマンスを出せるという研究結果も出ていて、満腹は身体に毒だという認識は広がってきています。

栄養だけ摂取すればいいという考えで、「COMP」という完全栄養食を利用して、時間を捻出しているエンジニアもチラホラいます。

睡眠時間だけは削るな

睡眠は無駄じゃない。明日を全力で生きるための投資

睡眠は無駄じゃない。明日を全力で生きるための投資

  • 移動はすべてタクシー
  • 家事は全自動
  • ひげを永久脱毛
  • 都心に住む
  • 趣味も仕事にする
  • 食事の回数を最適化する

など、わたしが実践しているライフハックのいくつかを紹介しました。

ここで、紹介しきれない細かなライフハック術もたくさん実践していて、仕事に使える時間を最大限に捻出しています。そういった細かいライフハック術はこれからゆっくりと紹介していきますので、定期的にこのブログに遊びに来てください。

ここまでで、わたしのライフハック術の紹介は終了なのですが、最後に1つだけ、とても大事なアドバイスがあります。それは、

「睡眠時間だけは削らないこと」

睡眠は脳内を整理し、心身のバランスを整える大切な行為です。睡眠を犠牲にして短期的に仕事量を増やしても、長期的に仕事効率が落ちていき、全体の仕事量は減っていきます。

睡眠や適度な休憩をはさみつつ、じぶんがやり遂げたい仕事を完遂するために、生活の中の無駄を排除していきましょう!